高齢者住まいアドバイザー検定/対象者のメリット

対象者のメリット

介護関連

ケアマネジャー
(必要度:S) 介護保険のプロですが、高齢者の住まいについては、詳しい方、詳しくない方の差が大きいところです。よりプロフェッショナルとして知識を養うために是非おすすめです。在宅ケアから施設ケアをといった際に必要となる知識です。
ソーシャルワーカー(MSW)
(必要度:SS) 病院のMSWは、施設や紹介会社からの営業を受ける機会が多いですが、実際の制度や種類などがあいまいなケースが多いです。しっかりとした知識を身に付けてご家族からの相談にしっかり対応できる知識を身につけましょう。

ビジネス、士業等

終活アドバイザー
(必要度:SS) 終活をしている人の大きな関心事は老後の住まいです。是非一緒にこの高齢者住まいアドバイザーを取ることをおすすめします。
不動産業(宅建士)
(必要度:SS) 不動産業の方にとって、高齢者の住まい事情の知識は必要不可欠です。どのような種類の住まいがあるのか、今後増えてくるシニア・高齢者層のお客様の対応のために身につけておくべき知識です。
税理士
(必要度:SS) 相続対策などで、老後の住まいや生活を考える際に必要な知識です。
銀行員
(必要度:SS) 老後の将来設計のためには、高齢者の住まいの知識が必要不可欠です。将来どのような生活をしたいかで貯蓄の額が変わってきます。
保険外交員
(必要度:SS) 老後の将来設計のために保険をという方が多い中で、高齢者の住まいの知識が必要となってきています。また最近では民間介護保険も注目されており、老後のお金の話をする上で、高齢者住まいの知識というのは必要不可欠です。

行政書士
(必要度:SS) 成年後見などをされている行政書士には、介護保険や高齢者の住まいの知識というものが必要不可欠となってきます。また、遺言や相続の問題に関しても、老後のお金ということに関して高齢者の住まいに知識が大事となってきます。

その他一般

団塊世代
(必要度:A) 親の住まいについて、自身の将来についてと最も高齢者住まいに関心のある世代です。将来不安を解消するために必要な知識を身につけ、将来への備えとしてください。
民生委員
(必要度:S) 高齢者世帯が増えてきた中で、民生委員が高齢者世帯の相談に乗るケースが増えています。そうした際に必要となる知識を習得できます。
学生
(必要度:B) 福祉関連や士業や金融機関に将来就職したいという方におすすめの資格です。受験費用は学生割引が使えます。