高齢者住まいアドバイザー検定/『会社・従業員が知っておくべき「介護問題」セミナー』で講演

『会社・従業員が知っておくべき「介護問題」セミナー』で講演

2016/11/27

平成28年11月24日、株式会社星和ビジネスリンク様主催の『会社・従業員が知っておくべき「介護問題」セミナー』で講演させていただきました。
大手企業の総務・人事部門の方々が多数ご出席され、講演後は多くの質問や具体的な事例の相談もあり、企業にとっても介護が大きな経営問題となってきていることを感じました。

%e6%98%9f%e5%92%8c%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a1 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-20-20-20
 

 

 

 

 




講演要旨

◆厚労省の男女各 1,000 人の正社員を対象とした調査
 ●仕事と介護を両立に対して「不安を感じる」と回答した人は、男女ともに7割超
   【不安となっている主な理由】
    ・公的介護保険制度の仕組がわからない。(53.3%)
    ・介護がいつまで続くかわからず、将来の見通しを立てにくい。(52.2%)
    ・介護と仕事を両立するための仕組がわからない。(44.7%)

 ●今後5年間で新たに親の介護が必要になる可能性があると考えている人は約4割
 ●そのうち、仕事を「続けられないと思う」「わからない」と回答した人は 約8割

◆介護と仕事を両立するために必要な会社と従業員の対応
 <会社側>
   ●高齢化社会の現状を理解すること。
   ●仕事と介護の両立をしやすい職場環境をつくること。
 <従業員側>
   ●介護保険制度の理解、実際にかかる費用を理解すること。


◆介護保険サービスの種類と活用

◆高齢者住宅・施設の種類と費用
 ●高齢者住宅・施設を活用することで、仕事と両立できる可能性は大きくなる。
 ●介護と仕事を両立するには、高齢住宅・施設の種類や費用を知ることが重要である。
 ●地域によって費用の格差は大きく、エリアは広く考えることで状況は変化する。

 

 

 

高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト-内閣府認可法人 一般財団法人 職業技能振興会

高齢者住まい 種類と選び方 高齢者住まいアドバイザー検定公式テキスト

  • 内閣府認可法人 一般財団法人 職業技能振興会
  • 出版社: BookWay
  • 発売日: 2017/01/27
  • 定価: ¥ 2,268
  • Amazon.co.jpで詳細を見る